旦那様はユダヤ人

ユダヤ系アメリカ人と結婚した私の日記。子育て、ビジネスの仕方、生活習慣など「おっ」と驚いたことなどをまとめました。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 別にユダヤ人の人と結婚しようと思っていたわけではありませんが、主人はユダヤ人です。

 私の記憶をたどると、あっという間にもう20年弱前になってしまいますが、中学での歴史の授業での先生の次のような説明がユダヤ人に関して興味をいただくようになったきっかけの一つだったように思います。

 ユダヤ人はとても努力家で優秀な人が多く、人口の少ないわりにノーベル賞を受賞している人も多いです。でも昔から暮らす村や国から迫害され生きてきて、いつまた引越しをしなければいけないかもしれない経緯から、引越しをしてもすぐに生活ができるように、医者や弁護士など人から必要とされ、かつ道具をそれほど必要としない職業を選んできたのです。
 そのような説明が先生からあったように記憶しています。全ての知識は頭の中に、財産は持ち運びしやすいよう小さいけれど高価なもの、国を越えても価値のあるもの紙切れになれないもの。そうです、ダイヤモンドなどにして。。。そのようにして数千年生きてきたのでしょう。

 このブログは、ユダヤ系アメリカ人であるうちの主人と出会い、ふ~んと感心したこと、思わず笑ってしまったジョークなどをまとめたものです。
スポンサーサイト

テーマ:ブログはじめました。 - ジャンル:日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。