旦那様はユダヤ人

ユダヤ系アメリカ人と結婚した私の日記。子育て、ビジネスの仕方、生活習慣など「おっ」と驚いたことなどをまとめました。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ユダヤ人の人たちは、つらい生活をすることが多かったので、癒すためにジョークをよく言うといわれます。コメディアンの中にユダヤ人が多いのもうなづけます。また、様々な偏見や差別があるなかで、ビジネスをしなければいけないときに、ジョークなどでその場を和ませていたのではと思います。

 それにしても話の上手な人が多く、いつも関心させられます。

 先日、主人はイスラエルの会社の方たちと打ち合わせがあり、私もディナーミーティングに同席しました。
 その日の朝、私が主人に聞いたことを、主人はさっそくイスラエルの方へ言ったようでした。
「ねえ、ねえ、ジョーク言う人たち?」
「あんまり言わないんだよね。ほら、ちょっと××みたい。かたいかんじ」
 それが主人の答えでした。

 挨拶を終え夕食の席についた瞬間、その会社のCEOが私にこう言いました。
「いや、ご主人があなたから、ユダヤ人の人たちだからジョークを言う人たちでしょ?って聞かれたとおっしゃったので」
といい、早速ジョークを披露したのです。

 ユダヤ人なのに、ジョークを言わないと思われるのは、彼らにすると名誉なことではないようですね笑
ちなみにその時のCEOのジョークは、これでした。

 昔、イスラエルの死海のそばの湖に、ある国の王子が休暇にきていました。その村の漁師が王子とは知らずに世間話を始めました。その後、取れたばかりの魚を料理し王子に食べさせたのです。
「美味しいでしょ?」
「うん、美味しいね~」と王子は答えました。
食事の後、漁師はたばこに大麻を混ぜ、食後の一服を王子にすすめました。
漁師:「ところであなたは何をして生活していらっしゃるのですか?」
王子:「王子です」
猟師:「ふふふ、そう思わせるくらいこれは(大麻)いいでしょ?」

彼のイスラエル訛りの英語と、大麻が出てくる内容なので、躊躇してしまったが、漁師はまさか彼がどこかの王子と知らないし、大麻を吸った後気分がよくなり、自分を王子と錯覚してしまったのだろうという落ちです。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記
この記事のトラックバックURL
http://littlema.blog40.fc2.com/tb.php/2-b7e3798a
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。