旦那様はユダヤ人

ユダヤ系アメリカ人と結婚した私の日記。子育て、ビジネスの仕方、生活習慣など「おっ」と驚いたことなどをまとめました。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 お返しというわけではないのですが、ジョークに答える形で、その後主人も別のジョークを続けました。

 あるとき、クリスチャンの牧師とユダヤ教のラビ(ユダヤ教においての宗教的指導者)が交通事故を起こしました。
 二人は停車し車を脇に止め、お互いの車を調べましたが、お互いの車には傷一つついていないし、二人とも何の怪我もありません。
 二人は、「こんなことがあるなんて、神が私達を見守っていてくださったんでしょう。」と喜びあったのです。

 ラビは、「そういえば、トランクにワインが入っています。せっかくですから乾杯しましょう!」といい、トランクからワインを取り出し、グラスになみなみとワインを注ぐと、牧師に差し出しました。

ラビ「どうぞ、お飲みください」
牧師「いや、ありがとうございます」
牧師「ラビ、あなたもどうぞ」
ラビ「いや、私は警察が来るまで待ちます!」

 レストランの中で思わず声をあげ笑ってしまいました。

 ユダヤ人が集まる場合、毎回ではありませんが、食事が始まる際に2~3ジョークを言い合い、ちょっとリラックスした雰囲気になったところで食事またはビジネスを始めることが多いように思います。確かに、みんなが笑った後のほうが、美味しくいただけますものね。

スポンサーサイト

コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://littlema.blog40.fc2.com/tb.php/3-a8952355
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。